ロゴ

ロールスクリーンってどんなもの?

ロールスクリーンとはブラインドの一種です。窓の縁に取り付けるのですが、ロール状に巻き上げることができるため、スペースを取らないのが特徴です。ベッドの側にある窓に設置しておけば光を遮ることも可能です。それ以外にも部屋を仕切るために使用されることがあります。

ロールスクリーンを選ぶためのポイント

寝室

生地の透け具合

ロールスクリーンに使われる生地にはいろんなものがあるのです。中でもどれだけ透けるのかは非常に大切です。目隠しのために設置したつもりが、外から見えてしまうのでは困ります。反対にある程度は光を取り込みたいのに、遮光に優れた生地を選ぶと部屋の中が真っ暗になるのです。そのため購入前には、必ず光を当ててチェックしておきたいです。

操作方法をチェック

紐を下げると、スプリングの力で巻き上げられるタイプのロールスクリーンが売られています。それ以外にもチェーンを使って上げ下げするものや、ワンタッチ式というものも選べます。どれも途中で止められるようになっていますが、操作方法にはコツがいるので、実際に触れてみて扱いやすいものを選びましょう。

取り付け方についても調べておく

基本的にはどのロールスクリーンを選んだとしても、専用の補助器具を使います。しかし、これはビスで留めることになりますから、賃貸物件では使用できないケースも珍しくありません。また、窓枠の形によっては向かないこともありますから、突っ張り棒を使うなどの工夫が必要になるかもしれません。

ベッドもこだわって選ぶことが大事

ロールスクリーンを使う場合、ベッドの選び方にも配慮が必要です。特にベッドボードがあるタイプでは、ロールスクリーンを上げ下げする際に当たってしまうことがあります。そんな時はベッドボードがないものを選ぶか、ベッドの高さを調節してみるなどを検討しておきたいものです。

オーダーカーテンを注文する前に知っておきたい疑問点!

室内

どうやって測れば良いのですか?

オーダーカーテンを作る際には、窓の大きさを測らなければいけません。まずカーテンレールの幅を測っておき、その長さから3から5パーセントほど大きくした数字を目安にしておくと良いでしょう。

費用はいくらぐらい必要ですか?

どのようなオーダーカーテンにするのか、またはどんな店舗に依頼するのかによって違うため、一概にいくらになるとは言えません。そこで一度店舗に問い合わせておくのが無難です。実際にカーテンを設置する場所に来てもらい、見積もりをしてもらうと正確な金額がわかります。

どんな生地にしたら良いのでしょうか?

好みで構いませんが、どうしても迷うようなら店舗にお願いしておくと、生地のサンプルを見せてもらうことができる場合が多いです。手触りや光の通し具合を調べましょう。それでも決断できないなら、店舗のスタッフに相談してみると良いです。どんな部屋を使用するのかを説明しておけば、アドバイスをもらえるかもしれません。

窓側を素敵に変えるロールスクリーンなどを通販で買ってみよう

インテリア

購入は通販が便利

実店舗の場合だと在庫がないことがあって、もしそうならあちこちを回らなけばいけないです。その点、通販であれば一度に多くの商品を比較できるため、好みのものを探すのに手間がかかりません。また、カーテンやロールスクリーンなど少し大きめのものをわざわざ取りに行かなくても自宅まで届けてもらえます。最近では、取り付けまでやってもらえるところも多いので非常に便利です。

[PR]
オーダーカーテンをカンタン注文☆
販売価格がリーズナブル♪

[PR]
ロールスクリーンを多数販売☆
部屋の雰囲気に合ったアイテムを探そう

[PR]
メタルラックなら専門店で買おう
販売価格がリーズナブル♪

[PR]
薪ストーブのメンテナンスを業者に依頼
製品の寿命を長くしよう

[PR]
DIYで住宅リフォームを進めよう
技術を学びたいなら必見!

東芝の照明器具を多数販売! シャンデリアを数多く販売中

広告募集中